日本・東北の食を、青森・倉石の大地から

旧倉石村の頃から米どころとして知られた豊かな田園くらいし。
40年前、4集落から始まった営農集団は、今では法人化され、東京ドーム40個分の広大な農地で、
米をはじめとする多彩な農産物を丹精込めて育てています。
安心・安全で新鮮な農産物を日本の食卓にお届けしたい。それがくらいしの心です。

りんご/紅玉(青森県産)

りんご/紅玉(青森県産) 青森県南部の中山間地域に位置する五戸町倉石地域は、生産が激減した紅玉の栽培に取り組み、「紅玉の里」として知られるほどになりました。
紅玉は酸味が強く、アップルパイをはじめとして様々な製品に取り入れられ、加工食品には欠かせないりんごとして人気があります。
また、酸味の効いたその味を知る人にとっては生食用としても根強い人気のあるりんごです。
〈今季の販売は終了しました〉

にんにく(福地ホワイト)

にんにく(福地ホワイト) 青森県南地域は高品質のにんにく産地として高く評価されています。南部平野の中央に位置する五戸町くらいしは、畑作にも適しており、早くからにんにく栽培に取り組んでいます。
秋に植えつけられたにんにくは、厳冬期を雪の下で乗り越え、雪解け後の暖かい陽ざしをいっぱいに浴びて 一気に成長します。 北国の厳冬期に美味しさを一杯蓄えて育った福地ホワイトを、是非ご賞味ください。
Lサイズのにんにくをネットに入れ、ダンボールでお届けします。

お米/まっしぐら

お米/まっしぐら まっしぐらは、青森県の栽培風土にあわせて開発されたブランド米です。適度な弾力とさっぱりとした食味に人気があつまり、青森県内ではもっとも多く栽培・流通している代表的なお米です。
わたしたちはこのお米を青森県南部平野の五戸川流域で丹精込めて育てています。
この地域は生育期となる5~10月にかけて日照時間が比較的長いので、ここで栽培されたまっしぐらは、太陽の恵みをいっぱいに受けて育った美味しいお米です。
お米ほんらいの美味しさを味わっていただけるよう、1か月程度で食べきる量のご購入をお勧めいたします。